☆ 鼻の痛み(鼻痛)

このページは、鍼灸師、医師向けの鍼灸治療法を紹介するページです。
鼻の痛みでお悩みの方は、はりきゅうマッサージ すこやかな森 で治療をお受けいただけます。

本項では、鼻部の疼痛に対する鑑別と治療について紹介する。

1.風寒による鼻痛
:病因病機
 風寒の邪が肌表に侵襲し、鼻竅に阻滞するために鼻痛がおこる。
:鑑別点
 軽度の鼻孔の痛み。
:随伴症状
 悪寒が強く発熱が軽い、頭痛、鼻閉、無汗、痰や鼻水は透明で水様、口渇はないなど。
:舌脈 舌苔−白薄。脈−浮緊。
:弁証−風寒。 :治法−去風散寒。
:取穴例
 風池(瀉法)−去風。外関(瀉法または灸頭鍼(瀉法))−散寒解表。大椎(温法)−宣陽解表。
 迎香(瀉法)−宣通鼻竅。

2.風熱による鼻痛
:病因病機
 風寒の邪気を感受してそれが化熱する、あるいは風熱の邪気を感受して肺を犯したために宣散・粛降作用
 が失調し、その影響で鼻竅不利となるために鼻痛がおこる。
:鑑別点
 灼熱感をともなう鼻孔の痛み。鼻部の発赤や腫脹をともなう。
:随伴症状
 発熱、悪風、頭痛、鼻閉、無汗または少汗、軽度の口渇、黄色く粘稠な痰や鼻水、咽喉の発赤と疼痛など。
:舌脈 舌質−紅、舌苔−薄黄。脈−浮数。
:弁証−風熱。 :治法−去風清熱。
:取穴例
 風池(瀉法)−去風。外関(瀉法)、大椎(瀉法)−清熱解表。列欠(瀉法)−宣肺理気。
 迎香(瀉法)−宣通鼻竅。

3.肺胃積熱による鼻痛
:病因病機
 辛いもの、油濃いものや味の濃いものの過食や、アルコールの常飲などによって胃の気機が阻滞して化熱
 する、あるいは外感や内傷の熱邪が胃に停滞するために胃熱が生じ、それが肺に上炎して鼻竅に阻滞する
 ために鼻痛がおこる。
:鑑別点
 灼熱感をともなう強烈な鼻孔の痛み。鼻衄や歯齦出血をともなう。
:随伴症状
 咳嗽や気喘、黄色く粘稠な痰、口渇多飲(冷飲を好む)、壮熱、胸痛、胃カン部の灼熱感や不快感、口臭、
 呑酸、口苦、便秘、小便黄赤など。
:舌脈 舌質−紅、舌苔−黄。脈−数、実など。
:弁証−肺胃積熱。 :治法−清肺泄胃。
:取穴例
 内庭(瀉法)、合谷(瀉法)−清陽明実熱。魚際(瀉法)−清泄肺熱。血海(瀉法)−清熱涼血。
 迎香(瀉法)−宣散欝熱。

4.気滞血オによる鼻痛
:病因病機
 長期にわたるストレス、突然の精神的刺激などによって肝気欝結となり、気滞からオ血が生じたり、外傷
 や手術によって生じたオ血が鼻竅に阻滞するために鼻痛がおこる。
:鑑別点
 鼻部の刺痛、あるいは絞痛などの強い痛み。
:随伴症状
 鼻づまりあるいは鼻水が多い、頭のふらつき、頭痛、口唇が紫暗、口渇するが飲みたくない、肌膚甲錯、
 イライラ感、易怒など。
:舌脈 舌質−紫暗、オ斑、オ点など。脈−渋など。または舌脈正常。
:弁証−気滞血オ。 :治法−活血化オ、宣通鼻竅。
:取穴例
 迎香(瀉法)−宣通鼻竅。太衝(瀉法)、膈兪(瀉法)−理気活血。

ページTOPへ
事務局
〒140-0014
東京都品川区大井1-15-4 2F
はりきゅうマッサージ すこやかな森
| 当会について | 中医基礎をマスターしよう | 中医鍼灸施術をしよう | 中医鍼灸臨床セミナー | セミナー受講者用 |

|  中医鍼灸東京健鍼会ブログ  |                                  | セミナー初中級コース修了者用 |
婦人科系症状

消化器系症状

泌尿器系症状

呼吸器系症状

眼科系症状

耳鼻科系症状

中医美容

その他の内科症状
(不定愁訴など)


脳外科系症状

中医鍼灸施術TOPへ

 リンクサイト    サイトマップ


Copyright 2011 中医鍼灸を勉強する先生を応援する中医鍼灸東京健鍼会 All Rights Reserved.